要請書

葉山町に提出した要請書を共有します。

要請書 (葉山)

葉山町町長 森 英二 様

要請事項

葉山のこどもたちが安心して暮らせるように情報の公開・共有、学校への指導をお願いいたします

要請の主旨

3月11日、東日本大震災が起こり、たくさんの方が亡くなりました。
また、その影響で、東京電力福島第1原発事故が起き、いまも予断が許されない状況です。
原子力発電所からは毎日、放射能が出つづけ、海には放射能に汚染された水が流されています。 チェリノブイリの原子力発電所の事故と同レベルの「レベル7」の報道がされ 避難区域も広がりはじめています。
あの日から、目に見えないものが、うっすらとわたしたちを包んでいます。 地震以降、風評被害も多く、こどもを持つ親御さんたちから、 情報が知りたいという声が上がりはじめました。 こどもを持つ人だけでなく、お孫さんがいる方たちなどからも 葉山町の空気や水、土がどうなっているか、情報を知りたいと思っている人が 多数いることがわかりました。 そこで、「安心するために」情報を公開していただき、その情報を共有したいと思い、 その旨、要請いたします。 この町で暮らしつづけるためにお願いしたいと思っています。 「不安を煽る」のではなく、「安心するため」に情報を公開していただきたいということ、 知りたくない方のために、情報を知りたい人が自らホームページにアクセスする方法を お願いしたいと考えています。 見えないものに対して、過信するでもなく、 必要以上に不安になることもないようにするためには 必要な情報を共有することが大事だと思います。 放射能の影響は、5年後、10年後にでてくると言われています。 いまからできることを行政と住民が手をとり合って進めていきませんか? 以下のことをご検討いただきたいと思っています。
  • 神奈川県町のホームページ上で公開されている空気中の放射能濃度のデータを葉山町でも計測し葉山町役場のホームページに掲載する
  • 葉山にある一色海岸、森戸海岸など浜辺での放射能濃度のデータ海水浴シーズンは、海水に含まれる放射能濃度も計測し公開する
  • ガイガーカウンターを各幼稚園、保育園、小学校、中学校に設置し、学校内の空気、グラウンド上の放射能濃度の測定を毎日する
  • 遠足や社会科見学など、郊外学習の出先においても、放射能の測定をし、安全な場所へ引率していただくようご指導いただく
  • 各幼稚園、保育園、小学校、中学校内で配膳される学校給食等に使われる食材の原産地を表記し、お知らせいただく。また、水道水も毎日、安全を確かめ、注意が必要な場合は各自、 飲み物を持参するよう指導いただく
  • 福島原子力発電所からの風向きを1日3回確認し、場合によっては屋外授業を自粛する。また風向きにより登下校の安全を確かめるため、葉山町役場のホームページに情報を掲載する
  • 地震時だけでなく津波に備えての避難訓練、また、避難場所の見直しをしていただく
  • 各家庭で取り決めているマスク着用、お弁当持参等を尊重し、こども内でも認められるよう先生方に指導していただく。また、雨や風向きによって通学の自粛、雨具を常備するなどのご指導いただく
  • 砂場、グランド、砂浜、地面が雨を吸いこまない床などを、直接触れないように指導いただき、また、触れた際に予防として、石鹸などでの手洗いをご指導いただく
以上を葉山町に要請し、ご検討、実施していただくことを希望いたします。 同時に教育委員会、神奈川県PTA連合宛にも送付いたします。

お知らせ(自動更新)

杉戸 より
鎌倉 より
越谷 より

お知らせの表示制御プログラム